武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

何をどう思い、どう立ち向かうか…

何をどう思い、どう立ち向かうか…

何をするにせよ一番大事だと思うことが、
自分の気持ちだと思う。

弱い自分を真正面から見つめ、それが、わかった上で物事に立ち向かう。
やる前から負けた気分になんて絶対にならない。どちらかというと勝った気分、ワクワクしながら立ち向かうように努めること。
それが、例え本心と違っても…。

試合や受験に立ち向かう子供達にそんな話しをよくする。
やる前から負けた気分になるな。
自分の力が、どれだけ相手に通用するか全力で試してみる。
その試せる機会を「楽しむ」と表現しても間違えではない。どこまで通用するか全力で試して楽しむことが、出来れば、それで良いと思う。

大会、試合シーズンになる。

稽古の一環が試合。
結果は、後から付いてくるとも言う。

しかしそれでも、勝ちたいと誰もが思う。

その思いの狭間で揺れ泥む。
それもまた当たり前。

だからこそ、やる前から負けるなんて、勿体無いことを考えないことだ。
その気持ちを正すためにも、やれることを全部出し切れるよう努めなければ…。

「相手は手足が何本もあるバケモノじゃないんだよ!同じ人間なんだから!」

ホントによく総裁に言われました^ ^
そして、本当にその通りだと思いますね。
a0026020_11470787.jpg




by katsumi-okuda | 2018-04-27 11:29