武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

忙しさも佳境…

忙しさも佳境…
なんですが、焦らないように気をつけます。
悪いクセで焦りすぎたりしますと、ミスが…

さて、よく聞かれるご質問ですが…
「もう歳だから、どうしたらいいだろう」
「歳になってあちこち痛めてるから…」
などなどです。

まずは激しく同意します(^^)

歳とともに痛めてる箇所は、数知れず、壊れそうな内外含め考えただけで、落ち込みそう…

ですが、元々楽観的な何も考えてないタイプなので、その日の調子に任せて過ごしておりますが、もちろん、それでは答えにならないので二、三見解私見を述べたいと思います。

ちなみに最新の医学的な見解によると
「70歳前後まで適切な運動によって骨や筋肉は、鍛えられ増加する」とのこと。

近年、栄養や環境の変化もあり、まだまだとても元気なご高齢の方々をお見受けします。

でも、やはり個人差があるようですね。
同じ年齢でも、とても若く元気な方とそうでない方に分かれてる気がします。

気は持ちようとは、よく言ったものです。
あまり考え過ぎるのは、よくないですね。
でも、だからと言って無謀な食生活や運動は、避けるべきなのは言うまでもありませんが…

まず現在の自分自身を出来るだけ客観的に見て、無理のないところから「鍛える」べきだと思います。痛いからだるいからと言って何もしないと筋力も体力も、目減りするばかり。
ですから、まずは出来ることから気持ちのいい汗のかけるよう「まずは動きましょう!」

私たち中高年は、なにもアスリートになるのではないのですから(^^)無理しなくてもいいと思います…でも、私のようにある程度やらなければならないのなら、出来る限り「無理」はかけ筋力や体力の強化に努めます。

そのために、どんなことでも構わないので「小さな目標」を持つといいでしょう。
例えば、少し早く大股で姿勢正しく歩き、目的地まで早く着くとか。
階段を少し注意してしっかり足腰な力の配分を考えながら昇降してみる。
ふだんの生活の中で、出来るだけ早く動いてみるなどですね。

私は、子供達の指導などの時、出来るだけ早く動くように努めています、子供達に負けないように(^^)

あっそれとどんなことでも興味を持つことも大切だと言われてますね。
何にも興味を持たなかったり、オシャレに気を使わなくなるのはいけませんね。
(流石にこの歳でモテようとは、考えてないですけど^ ^色気がなくなったら、ダメじゃないのかなとなんとなくですが、思ったりもしてます^ ^
a0026020_15101036.gif




by katsumi-okuda | 2018-03-08 14:47