武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

正月早々…朝目が覚め

正月早々…朝目が覚め立ち上がり歩き始めると…目眩⁈
結局、一日中目眩と付き合わされてしまった。
気分は悪くないので、じっとしてればと思い…

そして2日目
まだ少しあるが、酷くはなってないようだ。
でも大事をとって今日一日大人しくしていよう。ムスメのバイトの送り迎えくらいなら何とかなるかと…

そんなこんなだから、何気に様々なことが気になった。
大晦日、直接見てはいないがTVでのアレコレ。
往年のアイドル「ピンクレディ」っても還暦のお二人、流石に年齢は隠せないが、それでもその年齢を全く感じさせないパフォーマンスは、凄いの一言。普段の生活やら体調管理やらの賜物なんでしょうかね…
今年、引退される安室奈美恵さんもまた、年齢に関係ないパフォーマンスを披露されていた映像をあちこちで見たが…

どんなことでもそうだが、その道で一端のことをやるからには、それなりの覚悟なり準備なりがなければならないと常々思う。

また、その逆も散見…
さして知識も経験もないにも関わらず、大仰なことを口角泡を飛ばす「愚者」の数々。

例えば私も一人の観衆として、様々なスポーツなりを観戦する。
そして、それ相応の感想なりはある。
しかしながら、専門家でもあるまいし、大層なことは言えるはずもないし、また述べるつもりもない。
ところが!世の中には、そんな「輩」の意見とやらを堂々と垂れ流してしまう事柄が往々にしてある…見なければ、聞かなければ、いいだけなのだが…。

やっぱり知ると面白くないし、何となく知り合いでもないのに腹立たしくも気恥ずかしい。

そんなことを言って、また、そんなことをやって「恥ずかしくないのか」と子供の頃、よく諭されたものです。
「恥の文化」とは、よく言ったものです。
時に欠点でもある恥の文化や憐憫の情
それでも、私たちは大切にしていきたい。

恥も外聞もなく、なんでも表に出してしまう。
私は、好きになれない。
だから、子供達にも、言う。
「みっともないが、わからないなら、カッコイイか悪いかで考え判断しなさい」と…

また若者達には
「口論するなら負けないだけの知識なりを学びなさい。感情論だけで論議してはならない。相手方の意見も学び真の意味や事実を知ることの大切さを知りなさい」と…

そうでなければ、浅学の徒として恥をかきますよ…人知れず馬鹿にされ人から相手にされなくなります。

ですから、いつのな時であっても、真摯に学ぶことが大事だと思わずにはいられなかった。
a0026020_12145529.gif







by katsumi-okuda | 2018-01-02 11:36