武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

それぞれの意味…

 年末、私たちの道場では「昇級・昇段審査」が執り行われます。
特に「昇段」に関して受審される方を年間を通し、査定していきます。無論、各道場があることですから全てに目が届く訳ではないのですが、観る機会(合宿、合同稽古、試合等)が、あるときに注視していくことにしています。審査の時の「出来、不出来」で判定する「一発勝負的」な見方と対局にあるのですが、日々の稽古の姿勢とそのあり方を鑑みる為に行うようにしております。
ですから当日の審査評定は、極力他の評定委員に任せるようにしております。

 私や福島の門馬師範の道場の審査は、特に基本や型に五月蝿く基準をおくようにしております。
しかし、昔の極真の審査では(今でも、そのような所は多いとも聞きますが…)特に若手の選手たち等は、審査直前まで覚束ない格好で受審対象の型をやっている風景をみることがありました。そんな時は、何だか、可笑しくも情けなくなったことを良く覚えております。ただ当時から私の道場では、一定の型が基準に達していなければ受審は、させなかった。また、覚えていないで受けようとする者も、皆無でした。

 組手至上主義とばかりに組手が強ければ、それで良いという風潮は長く続いておりましたし、型の修練の拙い者たちにその効用を求めることに無駄な努力を感じていたことも事実でありました。
審査のたびに(当時、私も若かったせいもありますが)受審する者たちの型を観て、失笑し、そして幾度ととなく激怒、叱責したものです。そして、ただその時の考え方は今も変わりません。
「あなた方が、どこかでカラテをやっていると知れたとき、では何をやってみせるのですか!?まさか、不細工なシャドウをやるのですか!?そんなもの、キックの紛い物としか見られませんよ。少なくともカラテをやっているというならカラテを全く知らない人たちに見せても素晴らしい、凄いと言ってもらえるような型を一つでもいいからマスターしなければならない。」

 型の組手の効用たる講釈は、確かに星の数程もありましょう。
ただ確かに言えることは「自身の身体を一つ満足に動かせない、表現出来ない、つまりは型が出来なくて、どうして意志のある相手を制することが出来るのか」ということではないでしょうか。
型が、型だけで終わっては、身も蓋もない。
それを通し先を見据えた自身をカラテそして組手へと昇華させていかなければならない。
私たちが、カラテをやっていく以上、基本や型から離脱してはならないと思いを強くしてもらいたいものです。

 そして又、難しい型をさも有り難がる傾向も頂けないと幾分か嘆いてもおります。
少なくとも昔(私が幼少の頃)は、一つの型が万の数を打ち、先生にやっと認めてもらってから次の型にとりかかるのが当然でしたし、設立当初の私の道場生たちも、それをさせておりました。
「初心者には初心者の型がある。同じ型を上の者が、同じように打っていてどうしようというのですか。上の者は上の者なりの型が打てなくては意味が無い。」
私や師範代そして上級者ほど、太極や平安の型が難しいと感じております。

 私の「独り稽古」は、初級の型で一時間以上を費やすことがざらにあります。
簡単だからこそ、誤摩化しが利かない。手の握り、立ち方、移動の早さ、腰の安定と転身…数え上げたら切りがない程、その日の注意点が出てくるものです。
しかしだからと言って、そればかりに拘泥していいというものでは、決してありません。
型で確かめたさまざまな動きを組手に置き換える意識と思考を止めること無く続けなければ、それこそ型は、無駄な作業に朽ちてしまうものなのです。

 どうすれば昨日より突きに早さと重さ威力が、伴うか…どうすれば理想的な体重移動と共に蹴りが出るか…如何に相手に悟られず技を施すことが出来るか。
凡人であるが故に止めることは、到底出来そうにもありません。
そして、その手立ての一つが、私にとって基本や型だと言っても過言ではないのです。

 稽古の目的が、人それぞれなように、また型の修得も人それぞれで良いと思っています。
何も私の型のように動け、意味をとれとは、言い切れません。
カラテを愛好してくれる多くの人たちにとって型は、一つのテーマ、課題でもあります。
自身の生活や信条に合わせた最良、最適な型を目指してもらえれば幸いとも思っています。
ただ、より強さや上手さを求めるのであれば、やはり他の人たちとは、違う視点で型を観て頂かなければならない。そして、意を込めて人の万倍も修練に励んで頂きたいと願っております。

 昇段、黒帯に成るとは、それを締めてからが本懐なのです。
例え、子供たちであれ女性であれ、それは同じです。
何ものにも染まらない色が「黒」であるなら、それが自分の意思表示に他ならないと念願することが肝要。そこから、将に「初心に還り」一から努めなければ、その帯は、真の帯にはならない。
帯が人を顕わすか、人が帯を顕わすか…全ては、そこからなのです。
その意味でも「黒帯」とは重いものなのです。
by katsumi-okuda | 2010-12-10 01:08 | 稽古日誌