人気ブログランキング | 話題のタグを見る

武道カラテ稽古日記

ブログトップ

新たに考える…この地域だけなのか

新たに考える…この地域だけなのか
 ここ数日、寒さが緩んだ気もするが、あと少し我慢
気圧痛なるものが、あることは、わかっているが悩ましい…全力で動けないので、それなりに対応しなければならない。

 この地元ならではなのか、ここ数年人口流入が目に見えて上昇している。
そのせいと今までより健康志向が、高まったせいもあり様々なサークルが増えたことや逆に施設の閉鎖などが、重なり、既存の公私施設の予約が、兎も角取れない…今まででは考えられない事態といっていい。

これから春に向け、それなりに考えていかねばならないと呻吟としている。

今まで通りのことをやれない現状。
そのことを悔やんでばかりいても仕方ない。
その中でやれることを!
道場生特に子供達の為に機会を設けてあげなければならない。

何が最適解なのかは、やってみなければならない。

その為にも眼前にあることを一つ一つ丁寧にこなしていかねば…。

私達のカラテ、武道が、子供達の為にどのように益するモノなのか?
正しい形で次代へと繋げていく為にも、先ずは今が大事!

子供達や道場生共々、まずは楽しく心身を鍛えていけることを良しとしよう!
…でも、あまりに寒いのは、勘弁願いたい^ - ^
新たに考える…この地域だけなのか_a0026020_15171567.gif


# by katsumi-okuda | 2023-01-30 15:03

理から入る…武道を学問として

理から入る…武道を学問として
…本当に…寒い。
大寒は名ばかりではないのを実感してしまいました。
北の地の方々には、申し訳ないが関東圏でのこの寒さは…ただ少しでも気温が、上がると落ち着きますから、あと少しの辛抱…。

 現在、証明されている限りでは、脳の能力というのは、どうやら30代で完成され4.50代で熟成をむかえるといわれているようです。

それだからなのか、武道では、体力の落ち始めた年代から心や技を重視するきらいがあるのも頷ける。

若い頃は、兎角力任せ、勢い任せだったものが、年と共に実践の最中でも、ある程度冷静に考え、それに基づき動いているように思われる。

そしてそれをより高めていければ、また違うところから高見を目指せることが、理解できると考えている。

私は、武道を「学問」であると考えております。
幕末の剣豪千葉周作の「理から入る上手なり」の考え方とその実践法を考察し、現代に沿う形で還元出来るよう構築、研鑽に努めております。

私はよく語ることなのですが、私達のカラテに基本や型が、何故必要なのか⁈
私達の競技カラテとかけ離れた「それら」との乖離に目を背けることが、良いことなのか⁈

このことについて正しく論証したり解析されてはいないのが現状。
このままでは何となくやっているだけのカタチは、いづれ姿を変え、なくなってしまうかもしれない杞憂を抱くのは、浅慮でもあるまいとも思う。

わかりきっていることだから、やらないのか、それとも判然とせず、ただ空手という伝統だからやっているのか…
やり込んでこの齢だからこそわかることもある。

今の若い総極真の選手たち、少年部から育ってきた者が多い。
皆、一応に強くて上手い。
様々な要因はあるだろうが、子供時分から鍛え上げたカラテとしての心身操作が、ここへきて無意識に発現していると言えよう(客観的に総極真の選手は、強くて上手いと評価は高い)

若い頃は、十二分な基礎トレーニングを積み、力や早さで相手に負けない身体を作り上げ、その使い方を「雛形」としての基本や型から練り上げていく。

その「カタチ」が自分のものになれば、競技としての限界を迎えた時、その先を「武術」として捉え練り上げた心身を変容させ活用出来ることを知らねば、本当の武道を志しているとは言い難い。

また武道的な考え方は、より良い日常を送るための指針となり得る。
健康でなければ強さも上手さもないん
その為に何をどうするか⁈
それを学ぶことが出来るのが、武道なのです。

無論、このカラテを学ぶ全ての人達にとって有効であることを希求してやまない。
…少し落ち着いたら、これらをarchiveとして映像化してみようとと思っておりますが…
理から入る…武道を学問として_a0026020_14523717.gif




# by katsumi-okuda | 2023-01-27 14:03

時の早さと…

時の早さと…
 明日、今季最大級の寒気が…
ここでも明日は5℃に満たない気温だとか…そのせいなのは、わかってはいるが節々が…。
それでも日常は、変わらない。
つつがなく、普段通りにやりたいと願うばかり。

 ふと思う…今年の春で今の地に道場を構えてから四十年余りを重ねて参りました。
延べで携わった道場生達は、さて4000に届こうか…
全ての道場を覚えているわけではないが、ふと思い出す顔もありますし、ここまで共に歩んでくれた山崎先生と小森師範代、成田指導員には感謝してもしきれません。

当時、幼年だった者たちは今、一般指導員として道場の要となって率先して稽古に励んでくれている者も少なくありません。

それを想うと些か感慨に耽りたくもなります^ - ^

さてあと数年経てばまた今少年部の彼等が、次の一般指導員として活躍してくれることを願う。
また、何処へ出ても恥ずかしくない立ち振る舞いの出来る者として、様々な分野で活躍してもらいたい。

それほど多くの少年部を観ていると感ずることがあります。どんな子達であっても、ある日を境に不意に成長することを。

あれほど弱々しかった子が、正しくも立派な立ち振る舞いが出来る。そして、本当の強さを身に纏うようになる時が、必ずあることを何度も目にしている。

…その分残念ながら私ら年長者は、老いてもいく。

だが、それに抗うことなく、正しい心身の使い方を明示出来るよう努めねばと改めても思っております。

子供達の成長の為に様々な体験をこの道場を通して実感してもらいたい。
上手い強いは、二の次。
成功より失敗を数こなしてもらいたい。
反省しても後悔や言い訳はしてもらいたくない。
負けても、続けていれば、それは必ず勝ちにつながる
ことを体験してもらいたい。

これから出会うであろう様々な事象をこの体験で得たことを糧として何ものにも立ち向かえる心身を掴んでもらいたい。


本格的な寒さを前に一頻り気合を入れ直すと致しましょう^ - ^
時の早さと…_a0026020_15544386.gif


# by katsumi-okuda | 2023-01-24 15:28

自分の本性と領分

自分の本性と領分
 ここから数週間が、一年のうち最も寒いそうです。
そうとわかっていれば万全の用意を…と思いたいのですが、なかなかそうもいかずです。
身体のうちと外から温められるように皆様もご注意ください。

巷間、よく言われること…「男の子は男にしていかないと男にならない」
私の母は鹿児島の人でしたから、そのせいもあったのでしょうか、そのような躾をされてきました^ - ^

今ならよくわかります。
齢古希に届こうというしているのに頭の中は…^ - ^
身体が、若いと言われるのは面映いのですが、頭の中は、まだまだなのは、どうしたものか。
男は、いつまで経っても、頭の中と実年齢が伴いかねます。時と場合によっては、それもまた良いこともありますが、多くの経験と学びから相応しいカタチを成していかねばならないことに呻吟とするものです。

故に子供時分に良い経験と学びを収めることを最良とされてきたのでしょう。

現代人は、身体は若い。
それだけに子供達や若者に寄り添うことも出来ます。
ただ少し先を歩む者として様々なことを示さねばならない。
それこそ大人が、範を示さねばならないということでしょう。

子供達が、学ぶこと以上に大人は学びを続けなければならない。そうでなければ後に続き難い。

この齢だからこそ、いつもそうで感じてならないのです。

…ただ女の子達は、幼いうちから女性ですね^ - ^
どんなに幼くても私と対等なお話ができることもしばしば^ - ^感心するやら何やら^_^
自分の本性と領分_a0026020_13180938.gif






# by katsumi-okuda | 2023-01-21 12:18

この時節だからこそ

この時節だからこそ
 ここ数週間が、暦上でももっとも寒い期間だそうで、皆さん体調管理も含め留意しながらお過ごしください。ただこの関東は、寒いだけで雪にはならない…(降ったら降ったで大事になりますけど)

兎も角、運動して身体の内側から温め、食事に気を遣い寒さに負けないようにしていきたいものです^ - ^


仕事柄…というか様々な職種の方々とお話しをさせて頂く機会がありますが、その度に色々な学びや発見があります。

自分の身体のメンテナンスを兼ねて、身体測定、運動機能測定などをすることがあります。
色々な専門家の意見を聞いてみると見た目若々しい人は、身体的にも若いことが立証されているとのこと。

現代人は、昔の日本人(昭和初頭)より実年齢が20歳程若い(食生活や環境、医療の発展などによる効果)と言われている。つまり、40代の人は20代の見た目や体力を備えていることが、多い(無論、個人差はありますが…)

子供達も含め現代人は、腕の力や握力が極端に低い傾向にある(機械化の影響など)
また、知能に関して、読解力が、低下し長い文章などを把握出来ない人、理解しているようで理解していない人が多い。
Twitterで140文字でまとめるのも面倒で画像や動画にはしる若者達…

結果、人の話の是非を決めるのは見た目や声の抑揚、容姿、その上で自分が好きか嫌いかの感性に頼り話の内容は、よくて10%もないという統計があると…

ここ数年の傾向として、人の表情がわかりづらい生活習慣が、続いております。
その為か子供達も、声を出しにくい様子を見かけてしまいます。しっかりとした挨拶を含め元気な立ち振る舞いをこの際だからこそ育まなければならないと実感もしております。

正しく元気な挨拶や立ち振る舞いからは、より多くのお友達を作ることに他なりません。
その為の一助として道場での所作は、あります。

この時節だからこそ_a0026020_14101527.jpg


# by katsumi-okuda | 2023-01-19 13:42