武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ココロの強さ

先日の日曜、姫路大会に行って参りました。

総勢620名余りの選手たち…それを捌いた米山先生初めてスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
予定通り、定刻までに終えたことに皆様も安堵されたことと思います。
主催者側は、いつも、そのことに腐心致します。
出来て当たり前の感覚になってしまいがちですが、そのご苦労は、現場の方々にしか、わからないことですね。

様々な大会に審判としてお手伝いをさせて頂いておりますが、本当に毎度思うことがあります。

特に今回は、初めから決勝まで主審を勤めさせて頂きましたので、間近で感ずることが、いつも以上に多くありました。

特に関西での組手の試合は、毎度「進化」しているのではないかと思っております。
また、その進化を特に子供達は、惑うことなく、ごく当たり前のようにこなしている様を見ていると驚きしかありません。

真正面から一歩も引かず、打ち合い蹴り合う。
その中で、様々な駆け引きをする。
加えてタイマーをその打突の最中で見やり、残り時間を考え、一気に攻め立てるか戦略を実行していく…年端もいかない子供達の能力とは、ある意味底無しなのかもしれないと感じました。

決勝に近づけば近づくほど、戦う両者に差は無くなっていく。
延長そして再延長…それでも、僅かな差しか生まれない。それを私たち審判は、見定めなければならない。
特に主審は、選手たちの息遣いが、わかる位置にいる。明らかにきかされている劣勢になっている息遣い…しかし、それをすぐさま、隠し通す体力とその強い意志…。
ここまで完成された子供達にその先何を求めさせたら良いのか、ふと考えてしまうことも…。

何にせよ帰りの新幹線の車中、微睡みながら、そんなことを考えていた。

あそこまで強いココロとは、単に「負けたくない」という単純な意志だけのものなのだろうか。

あまりに強過ぎるココロは、時として折れやすくもある。それをどのように導き次に繋げてあげることが出来るか…
それも、私たち大人の一つの大きな役割りでもあろうと実感もした。

さて、あちこち痛いとばかりも、言ってられない。年の半分を過ぎようとしている。
私たち大人も、もう一つ進まねば…
a0026020_21103799.jpg


by katsumi-okuda | 2017-08-29 20:46

夏終い…

ここ数日、健康的と言えばそうなんだが…
合宿やってるような早起きである。

肩が疼き、目覚めてしまうのは、仕方ないのだが
どうやら本格的に心身ともに「爺」と化してきたか(-_-;)

まだ家人やら近隣が、起き出す前の静かなひと時
何かと時間を費やせるのは、嬉しい誤算。
ただ、昼過ぎ、猛烈に眠い💤
というか、寝落ちしてしまう。

さて、夏も終わりが見えてきたこの頃、次のステージを作り上げていく備えを思考しております。

私の仕事の一つが、個人指導などに関わることなんですが、ここにカラテと運動後のCAREも含めた個別指導が、出来ないか思案中…
現在、道場生の稽古の中で施策中です(壮年や女性部の皆さんにやってもらったりしています)

壮年や女性部が、健康の為云々と今まで通りな稽古だけやらせておく旧癖なやり方を排し、様々なトレーニングや武道的な身体操作を元に本当に無理のないカラダの使い方そして「戦いかた」を皆で作り上げていけたらと…。

この歳になると余計に感じます。
激しい稽古や鍛錬のやりっぱなしでカラダに良いわけがない。稽古の後は呑んで喰って云々…
そんなことは、せいぜい二十代前半までの所業。

歳を食っても、あいも変わらず無茶なことをやり、カラダの内外にダメージを残す。
そんなことで本当に武道をやってるのかと言いたくなる。

特に武道を生業とし人の前や上に立つ立場なら尚のこと。歳を食ってから不健康を自慢する輩にはなりたくない。若い人達と互角に動く為に何が、必要で何がいらないか思考と実践することをこの頃の第一としております。
a0026020_07351396.jpg




by katsumi-okuda | 2017-08-24 07:11

何故に…

…確かに肩が、痛い。
夜明けあたり、肩が疼き、そして、微睡み目覚めて行くが…あまり、ほめられた目覚め方ではない。

どちらにしても、そんなことだからか、この夏は、東の空が明けきらないうちに、今日が、はじまってしまう。

なので夜も、それなりに早く床に就いてしまうから、良いとも言えるのだが…。

やはり、歳のせいなのかなと哀しくもなってしまうが、静かな早朝を楽しんでいるフシも、あるから満更でもないかと…。

一頻り、この時間をどう使うか思案するのもまた、何気に楽しかったりする。
人というのは、ある意味、勝手なものだ。
a0026020_07535940.jpg


by katsumi-okuda | 2017-08-22 07:40

いつもと少し違う

ここ数日、夏を忘れたかのような涼しさと雨の多さ…あれ程、猛々しいほどの暑さと小雨は、何だったんだろう。

何かで見たが、三十年程前の7月の平均気温は26.7度で30度を超す日は数日しかなかったそうな
それを知って何故か納得。
碌な水分補給もせずに運動したり、何の暑さ対策もないところで激しい運動やら活動をしていたワケが、少し解明(^_^されました。

そんな中、御盆休みを頂き、いつものように墓参もしましたが、ドシャ降りに祟られ、早々に切り上げてしまい心残り。
なので、秋のお彼岸に改めて来ることを伝えて参りました。

今年は、いつもと同じような墓参やら何やらなのですが、天候のせいなのでしょうか…

少し様相の違う数日を過ごさせてもらっています。
仕事もひと段落したせいもあり、溜まっていた本を読了する一日を設けたり、気になっていた社に詣でたりと…そして、これから何を…と考えたり
何気に有意義で贅沢な時間を過ごしております。

人それぞれなんでしょうが、私は、こんな感じが贅沢に感じてなりません。
a0026020_07340369.jpg


by katsumi-okuda | 2017-08-16 07:16