武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まだまだ

また少し更新が、途絶え気味になってしまいました。

…なにせ、一つのことに取り掛かると没頭してしまう癖なモノですから…ご容赦の程を^ ^

私の仕事の一つなんですが…
人にモノを教える仕事です。

ですから、ある一定期間、自分自身も「勉強」しなくてはならなくなります。
持てる蓄え(知識や経験」だけで、出来なくはないのですが、やはり、実情が合わなくなったりしますから、適度な自身の「update」が必要になります。

例えば、道場での指導一つとっても、そうですね。毎日、同じことをやってるようで違う何かを探しながらやっていかなければ、やはり進化は、ないものだと感じていますから、教える方は、たえず勉強しなければならないと思っております^ ^

…今、やってますのが「歴史」です。
専門なんですが、その中でも専門外の分野を中心にやってます…なので、何気にタイヘンです。

ですが、今は良い時代ですね。
何がって、下調べや資料を居ながらにして「net」で調べられるのですから^ ^
国会図書館や省庁関係公開資料なんかカンタンに閲覧することができます。

勿論、他のことでも、そうですが…
その「情報」の中で正しい選択をしていかなければならないことも、また事実です。

誤まった偏った「情報」だけでカンタンに公に論ずることの出来る時代だからこそ、注意もまた必要だと感じております。

学ぶこと一つとっても、本当にまだまだだなと思っております。
この歳になって、こんなことも知らなかった出来てなかったなんてことも、沢山出てくるモノです^_^

人に教える以上に少なくとも、その倍以上は自分が学ばなければ意味がない。
そんな風に駆られて日がな一日過ごしておりますので、更新が遅れたり、付き合いが悪くなってもご容赦の程をよろしくお願い致します^_^
(ホント特に齢とともに食べる事に…元から粗食少食なのですが、そのせいもあって、皆さんとの付き合いが悪くなってもおります^ - ^
a0026020_10573366.jpg



by katsumi-okuda | 2017-06-27 10:31

時代と共に

先日、福島県白河市で門馬道場主催の大会にお邪魔させて頂きました。
いつもながら、門馬師範はじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました。
毎度何かと学ばせて頂いております。

さて、時代の趨勢なのでしょう。

私どもが、地方大会を自ら手掛けたのは、いつの頃だったか(確か…四半世紀前(^^)

その当時、どこの道場も多くの一般部が所属しておりました。
ですから、大会の運営から審判に至るまで、そのほとんどを「自前」で賄っておりました。

本当に大会にご来賓頂く当時の師範先生方は、本当に「特別」扱いであり、総裁が来られようものなら…ホントに緊張感MAX。

大会の広告集めから原稿集め校正、印刷屋さんとの折衝、…大会当日、設営そして運営から審判、加えて接待から何から…殆んど全部に関わっていたことを思い出します。
良い勉強をさせて頂いたと今にして思えば思えますが、当時は、あまりにも忙し過ぎて立ったまま寝てたことも…。

今大会では、多くの若い方々が大会運営や審判に関わられておりました。
本当にご苦労様でしたね。

そして、ふだん選手として大会に出ているだけでは、わからなかったこと知らなかった事などを「知った」ことと思います。

そのことをまた一つ自分の中で書き加えながら全てを見わたし、様々なことに気遣いの出来る本当の優しさ思いやりを育んで参りましょうね。

ちなみに来年度「千葉県大会」の日程ですが
来年度3月24日(土)となりました。
また詳細が決まりましたらお知らせ致します。
…何やら場所取りが難しく、御来場頂く皆様にまたご迷惑をお掛けすることとなります。
何卒その節は、よろしくお願い申し上げます。さ
a0026020_12334419.jpg


by katsumi-okuda | 2017-06-13 12:06

真のスポーツマンシップ

もう既に少し前の話になるが…

世界三大レースの一つ「インディ500」で日本人として初の快挙優勝をおさめた佐藤琢磨選手。
本当に凄いことなのだが、どうしたことか国内ではさして大きく扱われていない…本当に自動車大国ならと、思うのは私だけでは無いでしょう。

レースに勝った直後、佐藤選手にインタビュー。
その背後から仲間のアメリカ人と思われる人が「日の丸」の旗を掲げ佐藤選手の功績を歓喜を持って讃えておられた。
そんな光景を見て、佐藤選手の実直さや信頼されている様を見る思いと同時に仲間を讃えることに国境も人種もなく喜び合うことの素晴らしさを垣間見た思いで、胸がジンとしました…。

…それに比べて…

酷い話も、ありましたね。
同じスポーツの世界、サッカーの試合で負けた彼の国の者達は、勝った日本人達に蛮行を働いた。
全く許せない行為以外の何物でもない。

詳しくは述べないが、この二つの出来事から、私たちは、多くを学ばなければならないでしょう。


負けて学ぶことがあるからその相手に礼を尽くす私達の武道。

そして、勝っても支えてくれた仲間を賞賛し自身を誇らず謙虚に立ち振る舞う佐藤選手のような本当のスポーツマンを同じ日本人として誇りに思い、また、そのことを少しでも子供達に伝えられたらと思いました。
a0026020_18060486.jpg


by katsumi-okuda | 2017-06-04 17:50

信じる力

ご存知の方がいるかと思いますが、5月27日栃木の鈴木稔先生が、仕事先の福岡で突然倒れられた。心停止5分以上、一時本当に生死の境を彷徨われたが、奇跡的に回復されたとの一報を知った。

ご自身のFBで書かれておられたが、心臓が止まっていた中で枕元で必死で呼びかけられたお仲間達の声が、聞こえたと…
そして、それに応えるように必ず戻るからとご自身も思われ、そして、その通り何の後遺症もなく復活されたと…本当に驚き以外の何物でもないと同時に思うことが、沢山あった。

この齢になると友達や知人の訃報に接することが少なくない。
そんな中、本当に奇跡的としか言いようの無い復活を知り、人の強さと信ずる力の強さを改めて感じさせられた。
そして、本当にいざという時、何をどうすべきか整えておかねばとも強く思いました。

何にせよ快癒を願い、暫くはゆっくりと養生して頂きたいと願うばかりです。

a0026020_17492371.jpg


by katsumi-okuda | 2017-06-04 17:33