武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自らに問う

忙しさにかまけ中々書けないでいる。

あまり体調の芳しい方ではないが、今年に入って本当にあちこち「壊れかけて」る。

治し治しことに臨むようには、しているが、それなりに深考してしまう。

幸いなことにまだ道場生達と一緒に稽古できることに改めて細やかな幸せを感ずることもある。
時に子供達の喜怒哀楽に振り回されながらも、それが一番大切だとも感ずる。
これも、歳のせいや少し弱くなった身体のせいなのか…そんなことを思うと流石に少し脆弱な自分が、疎ましい。

「二十歳の人達のこれから20年と私達のこれから20年では、全然意味合いが違う。だから、できるだけ元気で楽しいことやそんな人達とお付き合いしたい」と。
私と同年代の道場生の方々とお話したときに出た内容。

私ももちろん、皆納得されてました。
当然ですね。
ある程度年を重ね社会的な役割も果たし終いのことを考える年代ですから。
出来る限りそんな要望に応えられる「場」と「時間」を提供する事を私の一つの目標としています。

それぞれの年代には、各々の役割や立ち位置があると常々感じている。
置かれている立ち位置に抗うわけではなく、健やかに立ち振る舞うことの大事さを実感しております。
a0026020_12293829.jpg

自らに問うこと。
その為に皆さんとの日々の稽古がある。
…夏の終わりの秋波の訪れに夜の稽古も、過ごしやすかろうと、何時しか思う。
by katsumi-okuda | 2016-08-31 11:32

夏の物想い…まだまだ

猛暑の夏と極寒の冬の道場…
どっちが、いいか?

稽古終わり、戸を開け放ち外の空気を虫の声と共に入れ道場の板場に一時大の字になっていると、やはり夏がいいかなと勝手に思う。

以前にも書いたが、やはり、昔より今の方が夏場は、過ごしにくいのではと思う。

だから、稽古も決して無理せず、させずになってきた。子供達もだが、私達のような年長者も、注意が必要になってきたのは、致し方ない。

「先を見据えて、一年、三年、いや十年後の自分の為に」今の稽古、そして、生活がある。
それをこの酷暑の中実感もする。

…しかし、だからなのか、思うことがある。

何の為に、どうして続けているのかと問われることがある。
その返答に「まだわからないことがある。それを知りたくて、ここまで来たのに止めるのもどうかと思うから」などと言ってるが…

強ち間違いでもない。

武道歴だけで四半世紀をとうに越したのに、やればやるだけわからないことも出てくる。
それと同時に少しは、自分の体が知れるようにもなってきた。

六十過ぎたら武道は、面白いと先人の諸先生方は、仰られた。

確かに言えてるが…

さてさて、今年の夏も、どうにか無事に鍛えていけそうかなぁと一頻り思う。

この身体、これからも根を上げさせずにやらねば…

a0026020_07474307.jpg




by katsumi-okuda | 2016-08-07 07:28