武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

私見…型の捉え方色々

私たち所謂「直接打撃系空手」の世界が、ある地点から型の習得とその競技化に勤しむようになった。その経緯は、その場所、時間を過ごした者とそうでない者で様々な差異を生むこととなったのは、致し方ないところ…当時、そのことに本当に理解している者など果たしていたであろうか。

ともあれ時を経て様々な時代の要請と共に「型の習得と競技化」は、当然のように数多の団体そして道場へと伝播していった。
そして、そのこと自体、空手を武道足らしめるための一つの見直しとして喜ばしいことではあるのだが、当然、未だそれは、かけた時間の総量の少なさ、要は、かけた稽古研鑽の時間、歴史の少なさにより、未熟脆弱に過ぎない代物でしかないと言って過言ではなかろう。

仮に古くからある先人達の教えや秘匿の折り重なった「伝統的な型」を教え伝えていくなら、私たちは私達なりに研鑽しなければならない。少なくとも自分の弟子や競技として審判を務める者は、至極当然のように努めていなければならない。

ここで、いつも言われることなのだが…
「伝統派の型に比べれば…」「フルコンタクト空手なんだから型なんて…」と言われることが間々ある。厳につとめて言いたい。
まず、私の解釈、私見だが…伝統派の方々と比べるつもりは毛頭ない。伝統派の空手は、それだけで一つの世界を構築しているのだから、比べられる方が、迷惑だろう。例えて言えば、野球とソフトボールの違い。軟式と硬式テニスの違い。この世の中に「似て非なるものは」ゴマンとなる。
そして、それらを同じ土俵にあげて論ずる愚かさを知るべきではなかろうか?

どんな分野でも、学ぶべきものは、ある。
その中から真摯に学ぶことをしなければ、自身の成長も創造も成り立つわけがない。

良いものは、何でも取り入れる進取に富む気風は、私達の空手の本来の姿。
古くは回し蹴りを背足、スネで蹴ることを実践し後ろ回し、そして、かかと落とし、胴回転回し等、数え切れないほどの技をあらゆる世界から取り込んだ先達の創造性と実践力には、今にしても驚くことに違いない。
ならば、型の捉え方習得にあっても、もっと様々な見方や捉え方を私達、年長の者は研鑽しなければならないのではないか?

型とは元来、それを作り上げた先人の秘匿そして得意秘伝の技が、織り込まれていたと言われている。だから、本当に修得する為には多くの時間を費やするか、本当の師に出会い教えを乞う以外に道はなかった。

要は、口伝によってのみその真意は、それこそ僅かな者達にのみ伝承されたという。
よって型は、時代と共に本来の姿を変貌させ今に至ってしまったと巷間に言われる。

そして、その型の本来の姿は、乱暴に言えば「護身の為、弱者が強者に負けぬ為の技の集大成」に他ならない。つまり、それを稽古すればする程、競技としてのカラテから離れることをも意味すると言えなくはないだろうか?

それでも、先ほどの言ったように私達の空手は「創造」に重きを置いている以上、新しい解釈と本来の解釈を違えることなく研鑽することに大きな意味があると言えないだろうか。

私達は、実戦の徒であり、それは惑うことなく進化させていかねばならない。競技化がある以上、そこで成果が出なければ、どんなご大層な言であろうが、ただのお題目に成り下がってしまう。

勝たねば強くなければ、私達の空手の一つの存在価値さえ危ぶまれかねない。そしてまた、武道である以上、数多老若男女を問わずこれを稽古する者に等しく効果が、なければ、それこそやっている意味もありはしない。

故に私達年長の者は、その研鑽と研究を怠るべきでは決してない。次世代に残すべく私達のカラテを深化させていく為にも…。

私ごとで恐縮だが、一言述べさせて頂くなら…
齢六十を超え何故二十歳代の者達と伍して戦えるのか?確かに日々鍛錬の賜物と人は言うが、それほど簡単な話ではないことは、どなたでも察しがつくことでしょう。

私の身体、要は動きは、大袈裟に言えば全てカラテで出来ている。
基本や型の動きが、私の今を作り上げてくれている。どんなに打突を喰らおうとも、それを身体は、覚え反応してくれている。
私は今の私を作り上げた基本や型にいつも目を見開かされ、そして日々新たに悩み試行錯誤を繰り返しているに過ぎない。

型は、それをやる人の数だけ捉え方が、あって然るべきだとも思う。
どれが正しいなどと世迷言を言うつもりも毛頭ない。ただ、それを競技として私達の空手に落とし込むのなら、、それなりの覚悟と研鑽研究が、あって然るべきだと断言しておく。

型の普及の為に多くの時間を費やしてきた先人達のように私たちは私達なりに考え実践していかねばならない。
個々の解釈は、あって当然。
それを元に皆が頭を突き合わせ一つの基準を作り上げ明文化し、指導者もそして道場生も、それに専心することを望むばかりだ。

私達のカラテが、更にもう一つ上の回廊に進む為に。
by katsumi-okuda | 2016-04-26 18:51

ひとしきり…忙中閑

まだ春浅く、花冷えの地元流山にて今年も、大会をやらせて頂きました。
さまざまな制約が、ありましたが、なんとか皆様のお陰をもちまして無事滞りなく終えることが出来、何時もながら、本当に皆様には、感謝の言葉しかありません。

遠方からご多忙な中、お越し頂きました長谷川範士始め各県師範、先生方。選手のみなさんと付き添いに来られました先生、ご父兄の皆様。
本当にありがとうございました。

また大会運営にご協力頂きました道場関係者と少年部ご父兄の皆様、本当にご苦労様でした。

つくづく、皆様のお力添いあればこそと思うばかりです…。

今年は、いつにもまして年明けから私用(引っ越し)と仕事が重なり、多忙を極めました。
そのせいか、大会運営に関し、より細かくやらなければならないと実感もしました。

実は、年明けから風邪を長引かせ大会前持病の「喘息」を再発させてしまい、少し焦っておりましたが…なんとか持ちこたえました。
なので…まだ本調子には、ほど遠い有様(;^_^A

ですが、子供達の頑張りや道場関係者の皆さんに本当に支えられながら、やれたのが実感でした。

大会当日、いくつか嬉しいことがありました。
以前、道場関係者だった女性が、お子さんを連れ訪ねてくれました。その女性は、現在アフリカ、ダカールに住まわれ現地の方と結ばれ仕事もこなしておられる人です。

久しぶりに会ってもなんら変わらない。
道場の女性部の方々と語らっている姿を見て、そして、ホントに可愛いお子さんを見て、とても嬉しく、遠方から訪ねてくれたこと、有難かったですね。
ちなみに今年から大学生となるウチの娘も、大会運営の何がしかの手伝いをさせるため同行させました。何も知らないのですが、皆さんのやられてることを見て、とても勉強になったと言ってましたので…これからも、皆さんよろしくお願いします(;^_^A…

そして、大会の最中、少し見ることが出来た少年部の頑張りに歳のせいか、いつになく感極まるものがありました。

それも、最年少、最軽量で背も高くない子達
今回が初めての「試合」をする子供たちや女の子たちの頑張りや後輩たちのために走り回る先輩少年部と高校生たち。
みんな、とても素晴らしかった!

一切相手に臆することなく戦いきってくれたその姿に様々なことを考えさせてもらいました。(細かい試合内容に関しては、個々に伝えておりますので…)

またこれから、そんなみんなに感謝する意味も込め、新たな年度に入っていきます!
少なからず期待してもらえる道場にしていくことが、先ずは先決!
新しい教室も新しい仲間も、増えています。
このままの勢いを保ち、少しづつ前に進んでまいります!
a0026020_19413085.jpg


by katsumi-okuda | 2016-04-05 19:04