武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

2017年 06月 04日 ( 2 )

真のスポーツマンシップ

もう既に少し前の話になるが…

世界三大レースの一つ「インディ500」で日本人として初の快挙優勝をおさめた佐藤琢磨選手。
本当に凄いことなのだが、どうしたことか国内ではさして大きく扱われていない…本当に自動車大国ならと、思うのは私だけでは無いでしょう。

レースに勝った直後、佐藤選手にインタビュー。
その背後から仲間のアメリカ人と思われる人が「日の丸」の旗を掲げ佐藤選手の功績を歓喜を持って讃えておられた。
そんな光景を見て、佐藤選手の実直さや信頼されている様を見る思いと同時に仲間を讃えることに国境も人種もなく喜び合うことの素晴らしさを垣間見た思いで、胸がジンとしました…。

…それに比べて…

酷い話も、ありましたね。
同じスポーツの世界、サッカーの試合で負けた彼の国の者達は、勝った日本人達に蛮行を働いた。
全く許せない行為以外の何物でもない。

詳しくは述べないが、この二つの出来事から、私たちは、多くを学ばなければならないでしょう。


負けて学ぶことがあるからその相手に礼を尽くす私達の武道。

そして、勝っても支えてくれた仲間を賞賛し自身を誇らず謙虚に立ち振る舞う佐藤選手のような本当のスポーツマンを同じ日本人として誇りに思い、また、そのことを少しでも子供達に伝えられたらと思いました。
a0026020_18060486.jpg


by katsumi-okuda | 2017-06-04 17:50

信じる力

ご存知の方がいるかと思いますが、5月27日栃木の鈴木稔先生が、仕事先の福岡で突然倒れられた。心停止5分以上、一時本当に生死の境を彷徨われたが、奇跡的に回復されたとの一報を知った。

ご自身のFBで書かれておられたが、心臓が止まっていた中で枕元で必死で呼びかけられたお仲間達の声が、聞こえたと…
そして、それに応えるように必ず戻るからとご自身も思われ、そして、その通り何の後遺症もなく復活されたと…本当に驚き以外の何物でもないと同時に思うことが、沢山あった。

この齢になると友達や知人の訃報に接することが少なくない。
そんな中、本当に奇跡的としか言いようの無い復活を知り、人の強さと信ずる力の強さを改めて感じさせられた。
そして、本当にいざという時、何をどうすべきか整えておかねばとも強く思いました。

何にせよ快癒を願い、暫くはゆっくりと養生して頂きたいと願うばかりです。

a0026020_17492371.jpg


by katsumi-okuda | 2017-06-04 17:33