武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

2017年 05月 18日 ( 1 )

心のチカラ

先週、名古屋まで審判に行ってまいりました。

毎度思うことですが…

関西の特に子供達は「強い」ですね。

確かに技も身体の使い方も、試合の数をこなしているだけのことは、あるのかなと思ったりもしましたが…

何にせよ「気持ちが強い」ですね。

負けたくない勝ちたいという気持ちを自然に体現しているところは、率直に凄いと感じます。

審判をやりながらも、そんなことを感じてしまいました。

ただ、関西のやり方なのでしょうが、ヘッドギアをつける子供が、少ない。
確かに任意なので、ないほうがやりやすい。
結果、小さい頃から着けずにやることが、当たり前になってるようですね。

関東の私たちからすれば、大丈夫かなと心配したりもします。確かに慣れてる子供達ばかりですから、大怪我はないですし頭を付け合いながらの叩き合いも、ありませんから良い面もあるとは思います。

ですから安全面という観点からも、審判の私たちは余計に神経を尖らせることになります。

良い悪いではなく、その環境に応じたやり方をしていかなければならない。
ただ競技として誰もが、やれるようにということからすると関東のやり方なり何なり、これからも私たち指導する者たちが、考えていかなければならない一つだとも感じました。

ヘッドギアをつけてないから余計に選手達の表情が、伺える。

そこには「強い意志」と「絶対の自信」がありました。

それをいつどんな時でも発露していけること。
それこそが競技を突き詰める目標の一つ。

見知らぬ子供達にそんなことをまた気付かせてもらった試合でした。
a0026020_22574198.jpg


by katsumi-okuda | 2017-05-18 22:36