武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

心を遣う。

私と師範代の付き合いは、旧い。

彼此、三十年以上…その間、お互い「ガチ」で組手をやったのは、それこそ数えるほどしかない。

今ほど確かに防具や稽古体制が!整っていなかったとはいえ、稀有である。
ただ、当初から「みんなに怪我をさせたくない」との考えから「当てない組手」「速さは試合並、チカラは五分以下」「相手に当たるかどうかの間合いの中で」等…様々な「組手の稽古体制」を模索していた。

そして、その相手が、いつも側にいた師範代であった。だから、いまでもそうだが、阿吽の呼吸の中で互いに技の精度を上げていることに勤しんでいたのである。

ただ、それだけを磨いた。
その結果、後から続く後輩(全日本に出ようという選手たち)に彼は、一切遅れをとることを知らない。いくら現代的なトレーニングやらスパーリングやらを彼等が、やっていても、である。

何がどう違うのか?

「相手に合わせる」
相手が、例え蛮勇をふるっても、それを諌める心の「しなやかさ」と「ゆとり」がなくてはならない。道場の中で出来ないことが、何故、実戦や試合で出来ようか?
否、決して出来るものではない。

相手が、子供なら女性なら、そして、一般の選手が相手なら…全て変えて当然。

なのに時として何故それに至らないのか?
「つい熱くなって…。難しいですねえ…」
などと言う者がいるが、ハッキリ言って失格である。難しいのは、ハナから分かりきってること。

例え、相手に反則である顔を殴られたとしてもである。顔を殴られるのは、単に「自分が未熟」なだけで自らのその未熟さを知らねばならない。

ルールだから、相手が反則を犯したから⁈
だから報復していいのか⁈
自分の未熟さや本能に負け、手足を振り回しているのなら、今すぐやめたほうがいい。
ふだんの稽古鍛錬で何も学んでないことになる。
相手が自分より格下なら尚のことである。

相手が10でくるなら精々三程度でかわせなくてどうすると強く言いたい。10でくるから10で返せば、相手は、それ以上になるかもしれない。
そんな「力比べ」に何の意味がある。

そんなことをやっていては永遠に「大きくて強い相手」に勝てるはずもない。
相手を制するに等しい体力、力量を日々備えること。そしてその上で相手を推し量る「ココロ」を養うことを常に意識し稽古鍛錬せねばならない。
特に上級者、指導に携わる者は、必須である。

何をするにせよ、頭を遣い、そして「ココロ」を遣うことを常に意識しなければ私たちのやっていることは、武の道にならないと強く思う。
a0026020_18242143.jpg




by katsumi-okuda | 2016-07-10 07:44