武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

極真カラテ;基本その4

 「大きく学んで、小さくまとめる」
これは、私が師事した各界の諸先生方の言葉です。どの分野の先生方も、必ずこう仰っています。私も若い頃ならその意味の半分も理解出来なかった、いや理解しようとしなかったと思いますが、今ではよく分かるようになってきました。確かに含蓄にとんだ言葉ではあるのですが、いかんせん結果が見えずらい分かりずらい事なのでどうしても教わる側もただ何となく大切なのだろうぐらいの感覚しか持てないのが現実です。又この事に関する考察も遅れているのが実情のようです。
 ですが、「意拳」「太気拳」に代表される中国実戦武術の修練法、つまり立ち続ける・極力ゆっくりと動くことによって内観を鋭くし真の強さを造り上げていく稽古等時間をかけて鍛え上げていく稽古法が、もてはやされているのですから、もっと端的に日常的な稽古の中でその感覚そしてスピード・パワー・バランスを修得出来る私達の「基本」を見つめ直すべきだと思います

 さて今回は「基本の受けの動作が大きすぎて実戦向きではない。前・横蹴上げは実戦向きではない」という質問に答えます。

 前述したように「基本」とは大きく動作を行うことによって身体に正確な動きを覚えさせる事が第一の目的です。では、上級者は覚えたからいいではないか?という声が聞こえてきますが、間違いです。
なぜなら、人は同じ事をやっていくと必ず楽な方に向かいます。また日々筋肉を強化していく過程でその身体に微妙な変化つまり「癖」が生じてきます。その結果、技はただの「力任せ」となりごく一部・一時期にしか通用しないモノに成り下がってしまうのです。
 稽古にもさまざまな側面があります。選手は試合が終わった後、自身の体幹・軸つまり姿勢の修正のために行う事もあります。また造り上げていく過程の身体に適切な重心の移動や技に至るタイミングの修得に気持ちを割く場合もあります。どちらにしても「基本」という不自由な「鋳型」にはめ込む事によって、それらはより確かに実感出来るものだと考えられます。むろんそうしようという「意識」が大切な事は言うまでもありません。
 特に「受け」の場合、その動作が人の行動からすると特殊な動きが多く、絶えず修正が必要です。上級者はふだんの組手の中で何気なく「受け」ていますが、それも今までの「基本」の繰り返しがあればこそだと言う事を忘れないで下さい。
また、外受けのように頭の後ろへ手を持っていって大きく外側から廻して受ける動作によって身体の旋回をより正しく意識することが出来ます。「受けは上体を半身で!!」といいますが、実戦の時に私達は、どれほど出来ているでしょうか。仮に完璧にこの動作が出来るとしたら相手の攻撃をもらわずそこから自分の攻撃だけが当てられることになりますが…。残念ながらそれは、大変難しいことであり私達の目標の一つなのです。接近戦の最中、相手の攻撃の寸隙を縫って自身の攻撃を当てようとした場合、やはり正確な姿勢と身体の回転・旋回が、必要不可欠になるはずです。それを組手だけで修得するには以前お話したようにさまざまな弊害があり、逆に修得しきれないケースが多々見られてしまうのです。ですからその意味でも上級者こそ「基本」をやり尽す事が必要だと信じて疑いません。
 
 私が、嫌う事の一つに「やりもしないのに口ばかり」ということです。世の中では私達以上に頑張っている多くの人達(特に極真カラテを修行されている一般社会人の方々)が、いらっしゃいます。そうかと思えば名ばかりの師範と呼ばれている人のなんと多い事でしょう。少なくともそうはなりたくないです否、絶対なりませんけど…。
 さて、ここで皆さんに質問です。
「基本全て息も乱さず全開でやれますか」「蹴りの立ち位置が、何千蹴ってもズレないですか」「前蹴上げ・内・外廻し各30本全力で出来ますか」「稽古後、一秒一回100回の拳立て、100回連続フルジャンピングスクワットが出来ますか」
これは、私が二十代の頃いた総本部で緑以上上級者の「暗黙の決まりごと」だったのです。これらを平気でこなしてこその道場生だったのです。現在でも私達は、これに近い事をやっていますが、これが日常的に出来て始めて自らのカラテ「基本」「組手」を考えていくべきだと感じてなりません。皆さんも実践あっての論だということお忘れなく。
 
「前・横蹴上げは実戦的ではない!?」
全ての「基本」はある特定の「型」からの抜粋から始まっています。総裁は、その実体験から基本を組み上げていったとも言われていますが、それを検証していく過程で次のような事が分かりました。
 元来、古流の型では、前蹴りもしくは関節蹴りぐらいしか蹴り技はなかったと言われています。その蹴り方も今のそれとは大きく異なり「蹴上げ」に近いものなのです。考えてみると人が本能として前の相手を蹴ろうとするとき、何も知らなければ自然と「蹴上げ」に近いスタイルになります。何も知らない子供に前を蹴らせるとそうなります。横も同じですが、横のほうが足を抱え込み「蹴込み」のように使い始めた時期が早いようです。総じて総裁は、実戦を意識すると共に脚部の鍛練としての意味合いを深め「より高くより速く」変化させていったものと考察されます。内・外廻しにいたっては、そのまま技として昔から使用されていた事と当時は「廻し蹴り」が、あまり知られていなかったこともあってそれらは立派な武器として存在していました。ちなみに私の先輩で現在も伝統空手団体の重鎮として活躍されている方ですが、その昔ピンと張った帯を外廻しで断ち切ったのを見た事が、あります。また、昔の総本部でその頃指導員をされていた磯辺師範(御存じブラジルの師範でフランシスコ・フィリョの先生)は、前蹴上げ・横蹴上げは紛れもなく垂直に上がっていましたし、前蹴上げで相手を翻弄し倒しもしていたのです。そのシーンを驚嘆の思いで私達は見ていました。ここまでやるには、勿論個人の才能や資質の問題もあるのでしょうが、やって出来ない事はない証明ではないでしょうか。
加えて「足を上げる」という動作は、背中から腹部・脚部に連なる「腸腰筋・大腰筋」を使います。近年の研究によるとここを鍛える事によって脚部全体のパフォーマンスを維持・向上させることに効果的であるということが広く知られてくるようになってきています。まさに「前・横蹴上げ・内・外廻し」は武器としての観点と脚部の高い能力の維持・向上に大変効果的だということが分かります。
やってる人は、分かると思いますが、蹴りの基本の中で最もキツク嫌がられるのがこれらですね。ですから、これらが平気な顔で50回以上蹴れる人はそれだけで大したものですし、足技の能力自体が飛躍的に高まっていることをさしているのです。
 全ての「基本」に無駄はありません。無駄であれば今頃それらは、存在していません。無駄にしているのは、それをやる人の「意識」であることを改めて考えるべきなのではないでしょうか。
 
by katsumi-okuda | 2005-01-27 13:39 | 評論