武道カラテ稽古日記

ブログトップ | ログイン

武道の黒帯は法律上凶器扱い!?喧嘩で使うと重罪!?

 これは、以前中学生の道場生ほか多数から質問されたことですが、驚くことに数十年以前からこの質問は繰り替えされています。ある意味「都市伝説」です。
 答えから言うと「NO」です。例えばカラテの黒帯になったからと言って警察各位に登録も申請もしません。仮に喧嘩になってもカラテの黒帯だから罪が重くなるのではなく、あくまでその場の状況と経緯によって判断されるのです。
 二つの事例があります。一つは相手が刃物を持ち何人もの人たちを傷つけ今まさに自分まで刺されそうになった。つまり「緊急避難」としてカラテの技を用い相手を制圧した。しかし、反対に相手に重傷を負わせた場合。もう一つが男女の痴話げんかを勘違いした米国人男性が、言い争っている男性を制するうち相手が物での攻撃を仕掛けたと勘違いし反撃、致命傷を負わせた場合。いうまでもなく後者の事例のほうが、過剰防衛であり重大な事実誤認があり、この米国人男性の非はそのことによるものと判断されるべきものであり、カラテの技うんぬんではないはずです。ですが、当時(今から十数年前)の新聞各社は、「空手=悪」の論調で書かれていたことをひどく残念にそして憤りをもって見ていました。
 確かに何らかの格闘技を喧嘩で用いた場合、科料の度合いは重くなりますが、それをもつて「特に空手の黒帯は、凶器扱いであり、警察に届ける」というのは全くの嘘です。驚くことにこのことを警察関係者や法曹関係者まではっきりとした理由もないまま信じている人たちも多いのです。
 市井で武道や武士道について真摯に取り組んでいる人たちにとって大変迷惑な話であり、また武士道を歪曲した暴力団まがいの格好をした格闘技団体が武道や武士道を標榜することに激しい嫌悪感をもっています。そんなことからも武士道やその精神が誤解されているのです。少しづつですが、真摯に取り組まれている皆さんの手によってそれらを変えていけるよう私も努めたいと改めて考えました。
by katsumi-okuda | 2004-10-23 12:28 | 評論